土曜日にツーリングしませんか? クロスポイントの楽しい仲間とゆるーくツーリングを楽しみましょう! まずはお気軽にご連絡ください! 

20180317 新春中伊豆パノラマツーリング

動画はこちら

20180317 新春中伊豆パノラマツーリング

画像の説明

春の長雨が続いて週末は天気大丈夫かな・・と心配していたら土曜日は快晴との天気予報。やったね!と思い開催決定です。

ところが朝は曇り空。
集合場所の海老名SAでは冬のような寒さで身が震えます。

こんな時は車はいいですね!番長さん!!

画像の説明

車ではどんな時間の過ごし方してんの?ということで、クロスポGメンのガサ入れ調査です。

詳しくは云えませんがなにやらソッチ系のブツを発見した模様・・・
いや~これを見ながらだと落ち着いて運転できなそうですが、そこは強い精神の持ち主のなせる業です(笑)

かずさんが新たな相棒と登場です。
そぼろさんのとは微妙に顔つきやカラーが違っているんですね。

画像の説明

まだ慣らし運転といってもよい走行距離のようですので、本日のツーで距離を稼げますね。

全員集合し朝ミーティングし出発というところで、ジャンボさんが先行って給油して追いつくとのこと。
了解ですが、もし合流出来なかったら次の経由地点で落ち合いましょう。

画像の説明

多分場所分かる、ということでしたが、やや表情は不安げな感じ(;^_^A

高速本線は全般的にはスムーズな流れ。
先週は天候が崩れたため本日は多くの観光客が出掛けているんでしょう。

高速走行中に目の前に現れた富士山の雄姿に感動です。
雪を冠した姿は日本のアイコンですね。

画像の説明

伊豆フルーツパーク到着。此処には別のツーリングの集団がいました。

建物の中には桜海老に因んだスナックがたくさん並んでおり、その多くは試食も可能でした。
では遠慮なく頂きます('◇')ゞ

いトゥさん家族へのお土産ゲットですか?
メンバーが興味津々で寄ってきます。

そうこうしているとジャンボさんが到着。いったん行き過ぎて戻って来たとのこと。
何にせよ合流出来て良かったです。

画像の説明

全員揃っての出発です。
韮山反射炉の道を左折するところそのまま進んでしまい、駐車場を大きく転回します。

警備員さんごめんなさい。道間違えましたm(__)m

ルートを修正し、山中の緩やかな登り道を快適に進みます。とはいえ、快晴だったはずの天気予報の割にはむしろ雲が多くなってきました。

画像の説明

亀石峠を抜けてセブンイレブン伊東宇佐美店に到着。
道向かいのガソリンスタンドで給油します。

気温もさほど上がらず、セブンイレブンの100円コーヒーで体を温めます。

お腹も空いてきました。では出発しましょう!

国道135号線から少し外れて、川奈の海岸線を走ります。
桜咲いているかな・・・と思いましたがまだつぼみでした。
河津さくらは早咲きで有名ですが、ここは普通の桜なのかな、次週ぐらいにはきれいな姿を見せることでしょう。

崔如琢美術館に到着。
お昼ごはんのレストラン天城は此処の二階にあります。

画像の説明

崔如琢って誰?

氏は、中国で最も著名で、人気、実力ともに最高峰の現代中国水墨画家の一人のようです。
春夏秋冬の四季が織りなす中国の雄大な自然と動植物を、ダイナミックかつ緻密に描いた崔如琢氏の作品は、魅力にあふれ、観る者を情景の中に強く引き込んでいきます。

当美術館は、崔如琢氏の作品を専門に展示する日本初の美術館です。

玄関ホールなどに飾っていた絵は確かに壮大で目を奪われるものでした。
が、一個人でこれだけの美術館が出来るとはすごいです。

画像の説明

受付(美人さんですね)でレストランを予約していた旨を告げると、丁寧に案内を頂きました。
建物ホールの大きな吹き抜けには、高価そうなグランドピアノが鎮座しています。
コンサートを開くこともあるのでしょうかね・・・

レストランに入るとテーブルが用意されていました。
お昼チョイ前のせいかお客様もまばら・・・

画像の説明

基本的には洋食なんですね。
各自メニューを見ながら何にしようかと迷っています。

曇り空とはいえレストランから見える大島、伊豆七島の絶景は素晴らしいものがあります。

パスタやカレーにはセットメニューがあり、食後のデザートとドリンクも付いて、ゆっくり時間を過ごすことが出来ます。

外目には美術館なので入りにくい感じですが、レストランのみの利用も気軽にでき、穴場スポットといえるかもしれません。

画像の説明

駐車場でフリーマーケットをぐるっと見て回り、出発です。

いトゥさんとはここでお別れ。
次の経由地途中にある伊豆スカイラインの天城高原ICで離脱となりました。

帰り道お気をつけて!

鬱蒼とした杉林を抜け、中伊豆ワイナリーに到着です。

画像の説明

ここは伊豆のナパバレーと云われているそうで、中伊豆の畑で育った葡萄で作ったワイン、カリフォルニアワイン、オリジナル商品のジュースやジャム、お菓子などを販売しています。

ワインに合うおつまみとして、ソーセージやチーズも販売しています。
売店奥には、試飲コーナーもあり、此処も遠慮なく試飲させていただきます。もちろんノンアルコール、つまりジュースですね。また希釈したブドウの御酢もなかなかいけます!

みなさんご家族&自分へのお土産をゲットです。

売店の上や、階下にはレストランがあり、また機会があれば此処でランチも企画したいなと思います。

画像の説明

テラスに出ると、晴れていたら富士山も見えるはずでしたが、残念ながら雲が晴れることはなくその姿を拝むことはできませんでした。

ここでいトゥさんから帰宅途中のレポ到着。
伊豆以外は雲一つない晴天とのことのようでした。

伊豆だけが曇りってこと( ;∀;) んー残念ですがまっそういうこともあるよね~

駐車場では、ミラーさんのブレーキランプが点灯しっぱなしの件で、uzushiroエンジニアがブレーキレバーの接触の調整をアドバイス。
故障というほどではないのですけどね・・・

十国峠を経て、大磯PAに到着。

画像の説明

ここでこんすさんがご実家に転居ということで、しばし参加が難しくなるとのことでしたが、また機会があれば年に数回参加したいとご挨拶頂きました。

それでは恒例の締めは、こんすさん宜しくお願いします。

せーの「散れ!」

小田厚道は覆面パトカーが今日はたくさん走っています。
帰り道お気をつけて。

また次回宜しくお願いします。

画像の説明

ツーリングルート

()

動画はこちら

powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional