土曜日にツーリングしませんか? クロスポイントの楽しい仲間とゆるーくツーリングを楽しみましょう! まずはお気軽にご連絡ください! 

20170909 西伊豆魚季亭ツーリング

動画はこちら

20170909 西伊豆魚季亭ツーリング

 

八月はずーと雨続きで、バイクで出かけようにもどうも今一つ盛り上がらない日々でした。

画像の説明

九月に入って何とか晴れそうな予感。

今回のツーリングは心配を他所にいい天気に恵まれました。
yoidoreさんの帰京の日程に合わせての開催です。

朝方は少し肌寒かったですね。
ウェアのチョイスが難しですね・・・

集合場所には何台ものバイクが集まっています。
皆さん今日の此の天気を待ちわびていたようです。

ふと見ると白いインプレッサが停まっています!
番長さんが新しい相棒得て颯爽と登場です。

画像の説明

2000CCとのことなのでバイクの隊列走行にも十二分に対応可能です。

本日お試し参加のこにーさんにご挨拶頂いてツーリングスタートです。

朝少し混んでいましたが、本線に出てみると今は順調に流れています。

この後中井PAで4人をピックアップ予定。
到着するとよしおさんと、尾崎さんの二名が待機。

画像の説明

maruさんはリタイア、風ちゃんは午後から合流という連絡があり、16人の隊列でリスタートです。

沼津ICで下りてローソンで休憩です。

直ぐとなりにガソリンスタンドがあるので、何人かのメンバーは此処で給油します。
海老名のガソリンスタンドはハイオクは150円ほどしましたからね・・・
ことらさんからチョコのおやつ配布がありました。

国道414号線を南下して、県道17号線。伊豆半島の付け根を海を右手に走行します。

ロードバイクの一行も国道を走っています。ウェアが決まっていますね。

画像の説明

真城山への山道を走り、道の駅くるら戸田に到着です。

この辺りには休憩ポイントがなかったので、丁度いい場所にできてくれました。
温泉施設もあるとのこと。

トムスエさんや沼さんがソフトクリームを美味しに食べています。
沼さんはお孫さんが来られるということでここで離脱となりました。

ということで、ここで全体写真を撮りましょうね・・・

画像の説明

隊列は爽やかな青空と穏やかな駿河湾を眺めながら海岸線のワインディングを走ります。
所々車線が細くなっているので対向車に要注意です。

堂ヶ島洞窟巡りの施設に隣接している、魚季亭に到着です。
駐車場に係員がいて、一列隊列に駐輪できるよう誘導してもらいました。

さてここで風ちゃんの状況は?ということで連絡を取ってみると、まだ近くの駐輪場にいるとのこと('◇')ゞ

画像の説明

其処から此処まではどう考えても時間的には無理!ということで、ツーリングの終盤の経由地ですが伊豆フルーツパークで合流ということになりました。

お昼ごはんは、漁師飯が一押しの魚季亭ですが、その中でも富士山盛という限定30食のメニューがあり、メンバーの何人かはオーダーしていました。

画像の説明

ツーリング前に電話していたおかげで、団体さんということでソフトドリンクが無料でした。
ゆじ♪さん尾崎さんは、まずはノンアルコールで喉を潤しています。

漁師盛は、最初は特製たれ、次は混ぜ混ぜして、最後はお出汁で頂くという一回の食事で様々な食べ方を楽しむのだとか・・・
そのお作法に則って美味しくいただきました。

画像の説明

店舗の前室はお土産屋になっており、特産物を販売しています。
昆布茶などの無料サービスもあり、ポットのお湯を注ぎこれも美味しくいただきました。

此処でそぼろさん尾崎さんは離脱となりました。

県道59号線は急峻な山道ですが、抜け道としては重宝なルートです。
それに緑のトンネルも続いて走って楽しい場所でもあるのですが、そのせいか対向車も多いので、注意深く走行します。
対向車があった場合は無線で連絡します。

画像の説明

国道136号線の修善寺近くにそれはあります。
沼津のご夫婦が地ビールとしては始めた、ベアードブルワリー修善寺工場です。

国道の小さな交差点を右折すると、大きな建物が見えました。
木々に覆われた駐車場。未舗装で苔があるような路面。
スタンドがめり込むじゃないかと少し心配でしたが、なんとかスペースを見つけて駐輪します。

建物の3階に上がると、スペースがありそこに何人かの方々がビールを楽しんでいました。
此処は持ち込み可、ということなのでお気に入りのアテで安く楽しむことが出来そうです。

画像の説明

yoidoreさんが椅子に座っていると、隣のテーブルのご婦人から「どちらから?」とご質問が・・・
「東京からです」と返事しますが、メンバーからは「北海道からでしょ(笑)」と突っ込みが・・・(;^_^A

2時半から工場見学があるということなので、それに参加させて頂くことに。
ホップ選定から自然発酵まで、製法にこだわりを持ったビールだということが良くわかりました。

熱処理も炭酸を注入することもせず、微生物の活動で泡が立つのだとか。
なので提供できるのは瓶のみで、冷蔵保存し、出来れば早く飲むのが美味しくいただけるのだとか。

画像の説明

バイクで来なければここで一杯飲みましょうということになるのですが・・・
そんなこともあってか、将来は宿泊施設も検討中だとか・・・

特製グラスやスルガベイインペリアルという地ビールをメンバーは各々お買い上げして、工場を後にします。

ガソリンが厳しめのメンバー向けに国道を北上してガソリンスタンドを探します。

画像の説明

ナビに乗っているガソリンスタンドがコンビニに変わっていたりして、なかなか見つかりません。
確かに最近はPHVやEVが増えてきて、ガソリンスタンドが減っているとニュースで流れていました。

川沿いで見つけ給油を済ましてさらに北上しますが、市街地に近くなるにつれ混みだし、隊列が途切れていきました。

新しく伊豆縦貫自動車道ができて現在は無料開放なのでそこを通ろうかと高架をあがると、トロトロ運転の長蛇の列。
少しながらも流れているので、すり抜けはせず無線で連絡を取り合い進んでいきます。

画像の説明

伊豆フルーツパークに到着し、風ちゃんがいるなかなぁと敷地内を見渡してもらしき人影は見当たりません。

LINEか携帯に連絡があるかな・・・とスマホを見ると、桐生祥秀選手(東洋大)のニュースが!

桐生選手がインカレで、百メーター9.98秒の日本人最速の記録を出したとのこと。
昨年のリオ五輪、今年の国際陸上で400Mリレーでメダルは獲得していたものの、個人種目では振るわず苦悩の日々が続いていたようです。

サニブラウン・ハキーム(東京陸協)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、多田修平(関西学院大)の成長に焦りも感じていたでしょう。

画像の説明

そんな中での快挙!本当に良かったです。
ライバルたちも9秒台の成績へと続く予感もします。

因みに、世界のスプリント界は伝統的に黒人選手の天下が続いているようで、これまで100メートルを9秒台で走った選手はすでに100人を超えますが、その中で、黒人以外のスプリンターはたった3人しかいないそうです。

クリストフ・ルメール(フランス)9秒92、パトリック・ジョンソン(豪州)9秒93、蘇炳添(中国)9秒99。
桐生選手は「4人目」となったわけです。

よかったよかった・・・とお思っていましたが、そうそう風ちゃん、いま何処へ・・・

電話が繋がって、近くまで来ているということなので、バイクでピックアップへ。

その場所で会うことが出来、フルーツパークに戻ります。

風ちゃん家を出て余裕でフルーツパークに到着と思っていたら、近くまで辿り着くもそこから先がなかなか思うとおりにならなかったとのこと。
みんなと落ち合えてよかったよかった。

画像の説明

では、日も傾いてきたので帰路につきましょう。

帰りの箱根新道は珍しく混んでいましたね。
今日はこの辺りにも多くの人出があったのでしょう。

そんなこんなで、大磯PA。
辺りはすっかり暗くなりました。

本日初参加のこにーさんにコメント頂いて、今日のツーリングも終了です。

締めに、Yoidoreさんからご挨拶を頂き、例のヤツをお願いします。

”家に帰るまでがツーリングです。キーを抜くまで気を抜くな!”

せーの
「散れ!」

画像の説明

本日はお疲れさまでした。

ベアードブルワリーでスルガベイインペリアルご購入し、帰宅後それを飲んだ方からのインプレです。

「旨い!」とのことで、一気飲みされたとか・・・

普段のビール発泡酒と比べれば少しお高いですが、皆さん試しに如何でしょうか?
都内には直営店舗も出ていますよ!

さて最近は、北朝鮮がミサイル発射し、近隣各国の緊張が高まっていますが、何とか平和裏に解決を図ってもらいたいものですね。

ということで
次回ツーリング、また宜しくお願いします。

画像の説明

動画はこちら

powered by Quick Homepage Maker 4.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional